スポンサーリンク

おすすめ 韓国映画 歴代ランキング TOP21【2022年版】

STUNNER編集部
STUNNER編集部をフォローする

アカデミー賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」以外にも実力派作品ぞろいの韓国映画。レビューでも高得点の作品が非常に多いので、どのタイトルを観るか迷うところですよね。 今回は韓国映画の中で、ぜひ観てほしいおすすめ作品をランキングでご紹介します。

高評価作品がずらり!おすすめの韓国映画ランキング

映画では「パラサイト 半地下の家族」、ドラマでは「愛の不時着」など、ここ数年でも韓国発の作品を目にする機会が一気に増えましたね。

邦画とも洋画とも異なるストーリー展開や人間模様は、映画ファンなら外せないジャンルです。

そんな韓国映画のうち、絶対に観ていただきたい方が作品をレビュー点数順にピックアップしました。
歴代ランキングとなっているので、多くの人に支持されたタイトルから話題となった最新作までラインナップしています。

作品の下に記載している平均レビュー点は、日本で活用されている複数の映画レビューサイトを調査し、平均点を算出しています。

第21位:トガニ 幼き瞳の告発 2011年

聴覚障害を持つ子どもたちに暴行や性的虐待を行っていた実際の事件を基にした、コン・ジヨンの同名小説を映像化。
コン・ユ演じる教師の目を通して、悲劇的な物語の一部始終が描かれる。
「マイ・ファーザー」のファン・ドンヒョクが監督と脚本を務める。

平均レーティング 3.96

第20位:ビューティー・インサイド 2016年

目覚めると男、女、老人、子どもと毎回外面が変化してしまう主人公の恋愛を描く、ラブファンタジー。
日々変化する主人公役をユ・ヨンソクとパク・シネ、イ・ジヌクらとともに、上野樹里も好演しています。

ユニークな設定とピュアな恋愛模様が見どころです。

平均レーティング 3.97

第19位:マルモイ ことばあつめ 2019年

1940年代の日本統治下、母国語の仕様を禁じられた朝鮮半島を舞台に、母国語の辞書を作るために全国の言葉、方言を集めた「マルモイ(ことばあつめ)作戦」の史実を基にしたドラマ。

窃盗などで生計を立てていた主人公が、辞書作りを通じて自分の母国の言葉の大切さに気付いていく姿を描く。

出演は「犯罪都市」のユン・ゲサン、「1987、ある闘いの真実」のユ・へジン。
「タクシー運転手 約束は海を越えて」の脚本を担当したオム・ユナの初監督作品。

平均レーティング 3.99

第18位:国際市場で逢いましょう 2014年

前作「TSUNAMI ツナミ」で大ヒットを飛ばしたユン・ジェギュンがメガホンをとり、韓国で観客動員数1410万人を記録した大ヒット作。
朝鮮戦争やベトナム戦争などの動乱の時代に翻弄されながら、家族のために必死に生き抜く男の生涯を感動的に描く。

主演は「新しき世界」のファン・ジョンミン、共演に「LOST」で知られるキム・ユンジン、「パパロッティ」のオ・ダルス、東方神起のユンホ。

平均レーティング 4

第17位:悪人伝 2019年

「新感染 ファイナル・エクスプレス」でブレイクしたマ・ドンソク主演のバイオレンス・アクション。
何者かに襲われて重傷を負い、奇跡的に一命をとりとめたヤクザの組長が、事件の捜査にあたる刑事と協力して犯人を追い詰めていく姿を描く。

監督、脚本を務めるのはイ・ウォンテ。
共演に「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」のキム・ムヨル、「犯罪都市」でマ・ドンソクと共演したキム・ソンギュ。

平均レーティング 4.01

第16位:アジョシ 2010年

心に闇を抱えながら生きる元特殊部隊の男が、たった一人心を許していた少女を救うために闘いに挑むサスペンスアクション。
「母なる証明」のウォンビンが主演を務め、鍛え上げられた肉体で果敢なアクションシーンを見せます。
少女役は『冬の小鳥』で絶賛された子役キム・セロンが

韓国で630万人を動員し、2010年の興行成績NO.1のヒットとなりました。

平均レーティング 4.01

タイトルとURLをコピーしました