スポンサーリンク

【あの人は今】ドラマ『リゾーリ&アイルズ』のキャストたちの現在

STUNNER編集部
STUNNER編集部をフォローする

女性刑事と女性主任検視官の女性コンビが大活躍するドラマ『リゾーリ&アイルズ』。2010年7月から2016年9月のシーズン7まで放送され、人気が高かったドラマです。涙あり笑いありのドラマを彩ったキャストたちの“その後”についてまとめました。

via cinematoday.jp

兄弟がいる家庭環境というのも相まって、少し男っぽい熱血刑事ジェーン。

この主人公を演じたアンジー・ハーモンは1972年、アメリカ・テキサス州に生まれました。
子どもの頃からモデルとして活動しており、女優としても『ベイウォッチ・ナイト』(1989年~2001年)、『LAW & ORDER』(1990年~2010年)、『CHUCK/チャック』といったテレビシリーズ、『エージェント・コーディ』(2003年)、『セラフィム・フォールズ』(2006年)といった映画など、数多くの作品に登場。

『リゾーリ&アイルズ』終了後は、2017年にアニメ化されたウェブテレビシリーズ『ヴォルトロン』で、Lady Trigel役の吹き替えを担当しています。

サッシャ・アレクサンダー (モーラ・アイルズ役)

via crank-in.net

高学歴でファッションセンス抜群、多趣味の主任検視官モーラ。

この役を演じていたサッシャ・アレクサンダーは1973年、アメリカ・ロサンゼルス生まれで、女優として多数のドラマや映画に出演しています。
主な出演作品は、『NCIS ネイビー犯罪捜査班』(2003年~)、『Dr. HOUSE』(2009年)、『シェイムレス 俺たちに恥はない』(2015年)、映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』(2009年)、『わすれた恋のはじめかた』(2009年)など。

モーラ役を離れた後は、ドラマ『アメージング・ストーリー』(2020年)、映画『デンジャラス・ライ』(2020年)などに登場しており、活躍を続けています。

ブルース・マッギル (ヴィンス・コーサック役)

via cinematoday.jp

ジェーンの元相棒で、人生の先輩。
ジェーンも思わず弱音を吐くほど、心を許していたヴィンス役を演じていたのが1950年、アメリカ・テキサス州出身の俳優ブルース・マッギルです。

高校時代から演劇を始めていた彼は、ドラマ『冒険野郎マクガイバー』(1986年~1992年)のジャック・ダルトン役で知られる他、ドラマ『CSI:科学捜査班』(2002年)、『LAW & ORDER: 犯罪心理捜査班』(2006年)、『グッド・ワイフ』(2012年)といった人気シリーズに登場。

また『インサイダー』(1999年)、『ALI アリ』(2001年)、『コラテラル』(2004年)、『リンカーン』(2012年)など、多数の映画に出演しています。
さらに、2016年のアメリカ総選挙の際には、トランプ氏のキャンペーンコマーシャルのナレーションを務めたことも話題に。

『リゾーリ&アイルズ』終了後は、ドラマ『SUITS/スーツ』、『I-Land 戦慄の島』(2019年)、映画『ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~』、『チア・アップ!』(2019年)などに出演し、変わらぬ活躍が見られています。

リー・トンプソン・ヤング (バリー・フロスト役)

via crank-in.net

コンピューターに強い反面、現場経験が浅く、検事なのに現場検証が苦手なジェーンの相棒バリー。

彼を演じていた1984年生まれの俳優リー・トンプソン・ヤングは、惜しくも2013年8月19日に自殺をし、短い生涯を終えました。
訃報が伝えられたのは、『リゾーリ&アイルズ』の出演中のこと。

劇中では、バリーが第5シーズンで交通事故に遭い、死去してしまうという設定となりました。

ジョーダン・ブリッジス (フランキー・リゾーリ・ジュニア役)

姉に憧れるジェーンの弟フランキーは、劇中で警察官から麻薬課の刑事となるエピソードも盛り込まれていました。

彼に扮していたのは、1973年ロサンゼルス出身の俳優ジョーダン・ブリッジス。
祖父、父、叔父と同業界の一家で生まれ育ち、映画、テレビ、舞台で広く活躍している他、2007年にはゲーム『マンハント2』で声優としての吹き替えも担当しています。

『リゾーリ&アイルズ』フランキー役から離れた後は、ドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』(2017年)、『GONE/ゴーン』(2017年~2018年)、映画『ザ・アウトロー』(2018年)などに出演しています。

タイトルとURLをコピーしました