スポンサーリンク

【あの人は今】ドラマ『シカゴ P.D.』を降板したキャストたちの現在

STUNNER編集部
STUNNER編集部をフォローする

「シカゴ・ファイア」からの最初のスピンオフシリーズである「シカゴ P.D.」。こちらも人気シリーズに成長しましたが、これまでに番組を卒業したキャストたちは、現在どうしているのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brian Geraghty(@briangeraghty13)がシェアした投稿

『シカゴ P.D.』シーズン4&5で巡査のローマン役を演じた、ブライアン・ジェラティ。

2016年に降板後は、Netflixのドラマ『エイリアニスト』にセオドア・ルーズベルト役で出演。同作は2018年のエミー賞 リミテッド・シリーズ部門で、作品賞を含む6部門にノミネートされました。

直近では、ザック・エフロン主演の映画『テッド・バンディ』、キーファー・サザーランド主演ドラマ『The Fugitive』、デビッド・E・ケリー製作ドラマ『Big Sky』に出演するなど、嬉しい活躍ぶりを見せてくれています!

ソフィア・ブッシュ(エリン・リンジー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sophia Bush(@sophiabush)がシェアした投稿

『シカゴ P.D.』シーズン1~4で特捜班の刑事リンジーを演じた、ソフィア・ブッシュ。

降板後は、映画『インクレディブル・ファミリー』で声優の仕事や人気ドラマ『ジェーン・ザ・バージン』や『THIS IS US』のゲスト役をこなし、最近では『Love, サイモン 17歳の告白』のスピンオフシリーズ『Love, Victor(原題)』、映画『False Positive(原題)』に出演。

2021年6月から『ワン・トゥリー・ヒル』の共演者ヒラリー・バートン&ベサニー・ジョイ・レンツとポッドキャスト番組「Drama Queens」を開始しました。

サミュエル・ケイレブ・ハント(クレイグ・‘‘マウス’’・ガーウィッツ役)

この投稿をInstagramで見る

Samuel C. Hunt(@hunt4.sam)がシェアした投稿

シカゴ警察21分署特捜班の技術面で貢献するスペシャリストのクレイグ・‘‘マウス’’・ガーウィッツを演じたサミュエル・ケイレブ・ハント。

本作降板後は、『Empire 成功の代償』や『NCIS:ニューオーリンズ』などに出演。
2019年から『Lの世界 ジェネレーションQ』に出演しました。

タイトルとURLをコピーしました